Tolly Localized Reports

Click on report title to go to the report abstract page. Report download requires registration and/or purchase.





Sophos Ltd. Document number: 215102JA
Sophos Endpoint Protection および Sophos Cloud Endpoint Protection エンドポイント セキュリティ管理製品のユーザビリティ・機能を Kaspersky および McAfee、Microsoft、 Symantec、Trend Micro と比較
Release date:  23 February 2016

あらゆるビジネス IT 環境におけるエンドポイント セキュリティの重要 性は今や明らかですが、セキュリティ ソリューションを効果的に実施 するには展開と保守が容易でなければなりません。中には、実装方法 の複雑さゆえに設定ミスが起きやすかったり、一部の機能が全く使用 されないソリューションもあります。一般に、セキュリティ機能は、 操作が簡単であるほど正しく使用されます。

Sophos は、同社のオンプレミスとクラウドベースのエンドポイント セ キュリティ ソリューションである Sophos Endpoint Protection および Sophos Cloud Endpoint Protection の評価を Tolly に委託しました。これらの ソリューションは、「購入後すぐに使用できる」幅広いセキュリティ 機能を提供し、ユーザーが一般的なセキュリティ脅威のシナリオに簡 単に対応できるように設計されています。評価においては、これらの ソリューションを、Kaspersky および McAfee (Intel Security)、Symantec、 Trend Micro の有力製品と比較しました。テストされたソリューション のうち、インストール後すぐに使用でき、管理も簡単な事前設定済み のベスト プラクティスとテンプレートをはじめとする広範な機能性を 提供したのは Sophos 製品だけでした。結果の概要は図 1 をご覧くだ さい。




Symantec Corporation Document number: 214133JP
Symantec Backup Exec™ 2014 Symantec Backup Exec™ 2010 とのパフォーマンス比較
Release date:  04 February 2015

バックアップ処理の最適化と重複排除を行うことでバックエン ドストレージを削減すると、即時的にも長期的にもメリットが 得られます。シマンテックでは、Backup Exec に継続的に投資して 開発を進めており、その結果パフォーマンスが向上し、運用効 率が改善しています。今回、Symantec Backup Exec 2014 のベンチ マーク調査を Tolly 社に委託し、主なパフォーマンスベンチマー クについて先行バージョンである Symantec Backup Exec 2010 との 比較を行いました。テストでは、Windows の物理サーバーと仮想 サーバー、さらに Microsoft Exchange 2010 と Microsoft SQL Server 2012 に特化したアプリケーション環境に対して初回バックアップと 増分バックアップを実行しました。また、仮想化環境で非常に 重要な要素となる重複排除についても評価しました。

テストの結果、Backup Exec をアップグレードするだけで、時間 とストレージ最適化の両方の点で運用効率が向上し、長期的な メリットが得られることがわかりました。




NTT Comm. Corp. Document number: 214156JP
NTT コミュニケーションズ Bizホスティング Cloudn - 日本 Amazon Web Services とのクラウド サーバー性能比較評価
Release date:  21 January 2015

企業がコンピューティング ソリューションを導入するに際し、 クラウド コンピューティングを活用することは、さまざまな機 会の創出につながります。そういった背景から、あらゆるソ リューション プロバイダが、複数の事業者のクラウド コン ピューティングの実測性能を積極的に測定し、利用者に提示して います。

NTT コミュニケーションズ (NTT Com) は、日本および世界のクラウ ド市場における自社サービスのシステム性能のベンチマーク評 価、および Amazon Web Services との性能比較を Tolly に依頼しまし た。これを受け、Tolly ではNTT Com社のディスクおよびシステム全 般、メモリ性能のベンチマークテストを実施し、CPU やメモリの性 能と関連するコストパフォーマンスについて評価を行いました。




NTT Comm. Corp. Document number: 214155JP
NTT コミュニケーションズ Bizホスティング Enterprise Cloud - 日本 Amazon Web Services とのクラウド サーバー性能比較評価
Release date:  21 January 2015

企業がコンピューティング ソリューションを導入する際、クラ ウド コンピューティングを活用することは、さまざまな機会の 創出につながります。そういった背景から、あらゆるソリュー ション プロバイダが、複数の事業者のクラウド コンピューティ ングの実測性能を積極的に測定し、利用者に提示しています。

NTT コミュニケーションズ (NTT Com) は、日本および世界のクラ ウド市場における自社サービスのシステム性能のベンチマーク 評価、および Amazon Web Services との性能比較を Tolly に依頼し ました。これを受け、Tolly では NTT Com 社のディスク (「Standard」ストレージおよび「Premium」ストレージ) のベン チマーク テストを実施し、CPU やメモリの性能と関連するコ ストパフォーマンスについて評価を行いました。




NTT Comm. Corp. Document number: 214122JP
NTT コミュニケーションズ Biz ホスティング Cloudn - 日本 Amazon Web Services とのクラウド サーバー性能⽐比較評価
Release date:  29 June 2014

企業がコンピューティング ソリューションを導入する際、クラウド コンピューティングを活用することは、さまざまな機会の創出 につながります。そういった背景から、あらゆるソリューション プロバイダが、複数の事業者のクラウド コンピューティングの実 測性能を積極的に測定し、利用者に提示しています。

NTT コミュニケーションズ (NTTCom) は、日本および世界のクラウド 市場における自社サービスのシステム性能のベンチマーク評価、 および Amazon Web Services との性能比較を Tolly に依頼しました。 これを受け、Tolly ではNTT Com社のディスクのベンチマークテストを 実施し、CPU やメモリの性能と関連するコストパフォーマンスにつ いて評価を行いました。




NTT Comm. Corp. Document number: 214115JP
NTT コミュニケーションズ Bizホスティング Enterprise Cloud – 日本 Amazon Web Services とのクラウド サーバー性能比較評価
Release date:  29 June 2014

企業がコンピューティング ソリューションを導入する際、クラウド コ ンピューティングを活用することは、さまざまな機会の創出につなが ります。そういった背景から、あらゆるソリューションプロバイダ が、複数の事業者のクラウドコンピューティングの実測性能の測定を 積極的に実施し、利用者に提示しています。

NTT コミュニケーションズ (NTTCom) は、日本および世界のクラウド 市場における自社サービスのシステム性能のベンチマーク評価、およ び Amazon Web Services との性能比較を Tolly に依頼しました。これを受 け、Tolly では NTT Com 社のディスク (「Standard」ストレージおよび 「Premium」ストレージ) のベンチマークテストを実施し、CPU やメモ リの性能と関連するコストパフォーマンスについて評価を行い ました。




Kaspersky Lab Document number: 213132JP
Kaspersky Security for Virtualization v2.0 VMware vSphere 5.1仮想化環境における優れたアンチウイルス 性能と効果
Release date:  19 September 2013

仮想化環境におけるアンチウイルス(A/V)ソリューションの実装は、すべ てのセキュリティ処理がクライアント側で行われるクライアントベースの エージェントとして、A/Vのワークロードを処理する仮想アプライアンス として、またはその2つの組み合わせとして行えます。 大手ベンダーは、 仮想インフラストラクチャのユーザーが、従来のエージェントベースのア プローチよりも優れた仮想化セキュリティソリューションの利点を理解 しつつあることに気付き、自社ポートフォリオに仮想化製品を追加し始 めました。 ホストや仮想インフラストラクチャへの影響を最小限に抑え た効果的なリソースの活用と仮想インフラストラクチャが、仮想化環境に 対して最適化されたソリューションを使用することの主な利点です。

Kaspersky Labの依頼により、TollyはVMware vSphere 5仮想化環境で提供される 同社最新エージェントレス製品のSecurity for Virtualization v2.0と、Trend Micro Deep Security 8 SP2 (エージェントレス)、McAfee MOVE Agentless Security 2.6 (エー ジェントレス)、 Symantec SEP 12.1.2 (エージェントベース)の性能と効果を評 価しました。

テストの結果、Kaspersky Security for Virtualization 2.0は他の製品に比べ、応答 時間とディスク使用率の平均値が低く、ハイパーバイザーリソースの効率 的な活用と確実な保護機能をあわせ持っていることがわかりました。 ま た、テストした他のエージェントレス製品よりも脅威に対する防御が高い ことも証明されました。図1と表1を参照ください。




Fluke Networks Document number: 213101JP
Fluke Networks Visual TruView パフォーマンス監視とトラブルシューティング 
10Gbps パフォーマンスと使いやすさの評価
Release date:  29 January 2013

アプリケーション障害が発生すると集中検討会などで様々なデータの相関関係を分析する、というのが従来のやり方です。これでは時間が掛かるうえに、問題解決のために大きな負担を強いられるため、企業にとって頭が痛いところではないでしょうか。

Fluke Networks の Visual TruView は、アプリケーションとネットワークのパフォーマンスを監視するソリューションで、複数のソースから取得したデータを単一のダッシュボードに表示できる点が大きな特長です。Fluke Networks は、Tolly にこのソリューションの有効性およびパフォーマンスの評価を委託しました。

評価試験では、Visual TruView が容易に問題の特定や多層に渡る分析を可能にし、アプリケーションのパフォーマンス問題の原因を的確に指摘することが確認できました。図 1 に示した例を参照してください。





IBM Corporation Document number: 212148JP
IBM Security Network IPS GX7800
性能の比較とパフォーマンス評価
Release date:  06 December 2012

今日のエンタープライズ・クラスのネットワークは、かつてないほどの多数のソースからの高度な脅威に直面しています。効果的な脅威保護ソリューションは、急速に進化しつつある実社会の脅威に対し防御を行い、同時に高レベルのパフォーマンスと可用性を実現する必要があります。IBM は Tolly に、プロトコルベースの IBM Security Network IPS GX7800 の評価を行い、その性能を、シグネチャベースのプラットフォームである Snort ベースの機器と比較するよう委託しました。

Tolly のエンジニアは、GX7800 で多くのさまざまなパフォーマンステストを行い、混合トラフィック負荷のもと最大 35.7 Gbps のスループットを達成しました。これは、ネットワークの急増や拡張に対する耐性の高さや、IBM の公表されたパフォーマンス特性に対する能力を示すものです。Tolly はまた、GX7800 の性能と機能の評価も行いました。

テストから、GX7800が、Snort よりセキュリティー上の脆弱性を突く公開されているエクスプロイトを効果的に阻止し、変異型のエクスプロイトに対する阻止でより効果的 (100% 阻止、Snort では 52%) であることが分かりました.




Symantec Corporation Document number: 212131JP
Symantec Endpoint Protection 12.1 VMware vSphere 5 仮想環境におけるウイルス対策の有効性
Release date:  03 December 2012

仮想化対応エンドポイントセキュリティソリューションが進化し続ける につれて、単一のマシンから全体インフラストラクチャまで、より多く の機能が仮想環境に適した形式でオフロードされています。管理者は、 こうした再構築のパフォーマンス上の影響を考慮することに加え、防御 機能が仮想環境で完全に機能するようにする必要があります。

シマンテックは、新しい Symantec Endpoint Protection(SEP)12.1 と、競 合他社のエージェントレスおよびエージェントベースソリューションを VMware vSphere 5 仮想環境内において比較するエンドポイントセキュリ ティ対策の有効性の評価を Tolly 社に委託しました。テストは、オンアク セススキャンを使用してマルウェアソースに対するベンダーソリュー ションの評価を中心に実施し、仮想環境におけるソリューションのリア ルタイムの有効性を判定しました。




Symantec Corporation Document number: 212130JP
Symantec Endpoint Protection 12.1 VMware vSphere 5 仮想環境におけるウイルス対策のパフォーマンス
Release date:  03 December 2012

IT アーキテクトは、仮想デスクトップインフラ(VDI)ソリューションを拡張 する際、エンドポイントセキュリティのように「常時稼働」していて頻繁に使 用されるコンポーネントで必要とされるリソースを意識しなければなりませ ん。仮想環境において、各ベンダーは、すべてのセキュリティ処理がクライア ントで行われるクライアントベースのエージェント、ウイルス対策(A/V)の作 業を処理する仮想アプライアンス、またはこの 2 つのアプローチのハイブリッ ドなど、さまざまな実装をしています。

シマンテックは、Tolly 社に委託し、VMware vSphere 5 仮想環境におけるSymantec Endpoint Protection(SEP)12.1 と、競合ベンダーが提供しているエージェントレス およびエージェントベースのソリューションのパフォーマンスに関するベンチ マークテストを実施しました。具体的には、オンデマンドおよびオンアクセス スキャンの実行時と、分散されたウイルス定義ファイルの更新時の各ソリュー ションのシステムリソース要件を中心として、テストを実施しました。 (次ページに続く)。




Kaspersky Lab Document number: 212118JP
Kaspersky Security Center 9 Trend Microと比較した物理環境および仮想環境の管理
Release date:  19 September 2012

サーバー仮想化のメリットは非常に魅力的であるため、現在、ビジネス環境 の規模を問わず、仮想化環境はビジネス環境の一部分となっています。ただ し、物理システムと同様に、仮想システムでもセキュリティソフトウェアの インストールや管理が必要です。カスペルスキーは、セキュリティ管理シス テムを、物理システムと仮想システムの両方で一貫したインタフェースとな るように設計しています。

カスペルスキーの委託を受けてTollyは、カスペルスキー セキュリティ マネジ メント(Kaspersky Security Management)と、Trend Microが提供する同等のセ キュリティ管理製品を、物理システムと仮想システムの両方の管理という点 で評価しました。このテストによって、カスペルスキーのユーザーは単一の セキュリティコンソールから物理環境と仮想環境の両方を管理できるのに対 し、Trend Micro製品のユーザーは物理環境と仮想環境で異なる管理製品をイ ンストールして使用する必要があるという点が確認されました。




Quantum Corporation Document number: 212100JP
VMware向けQuantum vmPROデータ保護ソリューション 導入の容易性、機能、およひ VMware vSphere 5環境との相互運用性の評価
Release date:  01 February 2012

中小企業(SMB)やリモート・オフィスまたは支店(ROBO)での仮想化の採 用が増加するにつれ、IT管理者は、拡大する仮想環境に対応する重要 なインフラストラクチャを大幅に見直す必要性に直面しています。

データ保護の領域では、環境が変化しても目標は変わりません。この 目標とは、それぞれのリカバリーで全体とファイル構造単位の両方の バックアップとリストア機能を各サーバー・インスタンスに提供する ことです。その作業として、仮想環境に対するデータ保護ソリュー ションを選択して導入することになりますが、その一方で既存のDR環 境との相互運用性と管理性を維持する必要があります。




Hewlett Packard Enterprise Document number: 211130JA
HP X5000 G2 Network Storage System システムの簡易性、高可用性、パフォーマンス、および相互運用性評価
Release date:  01 December 2011

今日の中小企業 (SMB) のストレージに関する要求は、とどまるところを知りませ ん。SMBではテラバイト単位の大容量ストレージへのニーズが高く、通常大規模な エンタープライズレベルの導入に求められるレベルの高可用性 (HA) も必要とされ ます。加えて、ITスタッフの数にも制約があり、既存のスタッフによって簡単に設 置および管理できるストレージソリューションが求められています。

2ノード構成のHP X5520 G2 9.6TB LFF 15K Network Storage System(以下X5000 G2)は、 テストにおいて、手動による設定作業なしでフル機能のHAシステムとして稼働 し、90分以内にMicrosoftドメインに参加しています。HPが提供する初期設定タスク ツールは、導入の各段階を通してユーザーをガイドするため、膨大な設定を手動で 行う必要がありません。

SMBにおいて仮想化環境がますます一般化するにつれ、多くのIT管理者は独立した ストレージエリアネットワーク (SAN) を必要としないストレージ集中化の方法を模索 しています。X5000 G2は、CIFSまたはNFSを使用して既存のMicrosoft、Unix、および Linuxアプリケーションと統合可能なだけでなく、ネイティブiSCSIのサポートによ り、複数の10GbEポートを通じて仮想化プラットフォーム、データベースアプリケー ション、バックアップアプリケーションなどのホストへの高速接続が可能です。




Dell Force10 Document number: 211129JP
Dell Force10 データ センター向け 分散型コア ファブリック ソリューション Z9000 システムで実現するアーキテクチャの拡張性と レジリエンス、低消費電力
Release date:  15 September 2011

データ センター スイッチは、エンタープライズのネットワーク環境の中でも最も 困難な課題を伴う分野と言えるでしょう。これは、ハイエンドのサーバやストレー ジ リソースの集中化は一般的に、ネットワーク リソースへの高い要求を意味する からです。従来、データ センターが必要とする拡張性およびレジリエンス、高可 用性を提供できるソリューションといえば、シャーシ型の LAN スイッチしかありま せんでした。

これに対し Dell Force10 は、分散型コア ファブリック アーキテクチャを採用した Z9000 コア スイッチを新たに提供します。これは、データ センターコア ネット ワーキングのコスト効率と拡張性、性能を向上させるために設計された革新的な専 門ソリューションです。

Dell Force10 は、シャーシ型ソリューション並みの拡張性および柔軟性、高可用性を 提供するデータ センター ファブリック ソリューションの構築を目指しており、固 定ポート型の Z9000 スイッチを CLOS 型の木構造に配備したソリューションの有効性 検証を Tolly に委託しました。




Hewlett Packard Enterprise Document number: 211107JP
Exchange 2010ソリューションの設計と導入の分析
Release date:  30 March 2011

MicrosoftのExchange Serverは、誕生から15年を経て、企業のメッセージ ング環境のデファクトスタンダードとなりました。これは非常に強力 なシステムですが、その分複雑性を避けられず、設計および導入に困 難を伴うことも少なくありません。

コストや複雑性の低減、ひいては導入所要時間の短縮といった価値を お客様に最大限に提供するため、HPとMicrosoftの提携の下、両社の製 品と専門知識を活用した電子メール「マシン」が生み出されました。 これは、新しいコンバージドアプリケーション(集約型アプリケー ション)モデルに基づく事前構成・統合済みのツールです。

HPは、新しい電子メールマシンであるHP E5000 Messaging Systemの評価 をTollyに委託しました。その目的は、コンバージドアプリケーション に期待されるメリットを実現することの確認、そして従来の手法を使 用して設計および導入されるDellのメッセージングシステムと、新しい HPメッセージングシステムとの、設計および導入に関する比較です。




Trend Micro, Inc Document number: 211101JP
McAfee および Symantec と比較した Trend Micro Deep Security 7.5 の評価 VMware ESX 仮想環境におけるアンチウィルス パフォーマンス
Release date:  09 February 2011

設備投資や運用コストの削減を目指す IT 戦略において、サー バおよびデスクトップの仮想化は不可欠です。しかし仮想化 技術が急速に普及する一方、物理サーバやデスクトップ シス テム向けのアンチウィルス ソリューションをそのまま仮想 環境で使用する組織も少なくありません。これら従来のアン チウィルス ソリューションは必ずしも仮想環境が考慮されて いないため、アンチウィルス(以下 AV)ストームやリソース の浪費、管理オーバーヘッドの増加など運用効率に大きな影 響を及ぼしたり、仮想マシン(以下 VM)密度を最大限に高め ようとする組織の目標を妨げる要因となります。

Tolly は、Trend Micro 社より同社の Trend Micro Deep Security ソ リューションと McAfee 社の Total Protection for Endpoint および Symantec 社の Endpoint Protection 11.0 を比較するパフォーマンス 評価を委託されました。本テストでは、特に Vmware ESX 4.1 環 境で一度に稼動するゲスト マシンが最大 100 台まで増えた場 合、各ソリューションがホスト システム(物理サーバ)のリ ソースにどのような影響を与えるかを評価するものです




Dell Force10 Document number: 210136JP
Force10 ExaScale E シリーズ E1200i コア スイッチ/ルータ レジリアンシ、アドバンスド QoS、拡張性の評価
Release date:  08 August 2010

評価結果の概要 サービス プロバイダやハイエンド エンタープライズ ネットワー クの設計者には、ハイスループットを実現するだけでなく、トラ フィックの優先度を効率的に決定し、主要コンポーネントの障害 から瞬時に回復するとともに、容赦ないDoS攻撃に耐え、BGP や OSPF の大量ルートを迅速に収束できるネットワークを構築するこ とが求められています。




Dell Force10 Document number: 210135JP
Force10 ExaScale E シ リーズ E1200i コア スイッチ/ルータ 10 ギガビット イーサネットおよびギガビット イーサネットのパフォーマンス評価
Release date:  08 August 2010

評価結果の概要 データ センター、ハイパフォーマンス エンタープライズ/サービ ス プロバイダのネットワーク オペレータがサポートしなければな らないネットワーク インフラでは、コアネットワークやアグリ ゲーションデバイスを中心に駆動させなければならず、ネット ワーク パフォーマンスの弱点となることは許されません。このよ うなデバイスでは、できるだけ最小のレイテンシでラインレート スループットを達成することが最重要課題です。その上で、ス イッチやルータには、サポートするクライアント数が大幅に増加 する場合でもそのパフォーマンスを維持できることが求められま す。また、アクセス制御リスト (ACLs) などの有効なサービスや 他の高度な機能が、デバイスのパフォーマンスに悪影響を与える ことがあってはなりません。




Dell Force10 Document number: 210137JP
Force10 ExaScale E シリーズ E1200i コア スイッチ/ルータエネルギー消費評価
Release date:  08 August 2010

評価結果の概要 エネルギー効率は、エネルギー性能を除けば、データ センター ネットワーク イン フラストラクチャを決定する際に考慮にすべきもっとも重要な要件へと急激に変貌 しました。エネルギー消費は、増加していくに従って事業費を著しく増大させる経 常コストだと考えられます。また、機器の電力消費量が増大すればそれだけ冷却す る必要性も高くなるため、エネルギー コストがさらに増大し、データ センターの 物理的設計にも影響を及ぼすことになります。




Radware Ltd. Document number: 210104JP
Radware AppDirector x08 and x16 Application Switches: Performance Evaluation versus F5 Networks BIG-IP 1600 and 3600
Release date:  17 March 2010

Radware commissioned Tolly to validate the performance of the AppDirector 4016 and the newly-introduced 4008 vs F5’s newly-introduced BIG-IP 1600 and 3600 running F5’s newest version, 10.0. This comes two years after the release of the Tolly report showing AppDirector x16’s superior performance over the F5 BIG-IP 1500, 6400 and 6800 platforms.

The project measured the throughput, transaction rates and response times of the systems while processing layer 7 transactions with and without SSL termination. Tests also measured system performance while the systems were subject to a number of denial-of-service attacks.

The test methodology used for this report relies upon test procedures, metrics and documentation practices as defined by Tolly Common Test Plan #1077 Application Switch Performance.




Nortel Document number: 209134JP
Nortel CS 1000 VoIP ソリューション: Cisco MCS 7835 VoIP ソリューションと比較した消費電力評価
Release date:  26 August 2009

NortelはTollyをCSの1000年のVoIPの解決のパワー消費量を対Cisco MCS 7835 VoIPの解決評価するように依託した。

VoIP ソリューションの多くの機能は、1 日の大半は休止状態に あり、必要時にのみ稼動しています。このため、Tolly のエンジ ニアはアイドリング状態にある 被試験ソリューション (SUT) の すべての重要インフラストラク チャ コンポーネントをモニタ リングし、消費電力を記録。モ ニタリングの結果に基づき、運 用コスト、節電量、1,000 名のユーザーあたりの CO2 排出削減 量の推定値を算出しています。





Attachmate Corp. Document number: 208330JP
Attachmate Corporation Reflection for IBM 2008 対 IBM Personal Communications 5.9.1 および Micro Focus RUMBA 7.5.2、Open Text HostExplorer 2008 の競合機能の評価
Release date:  30 March 2009

Attachmate 社は、Microsoft Windows Vista® および Office の統合ならび に生産性機能を確認するため、端 末エミュレータ Reflection for IBM 2008 の 評価を Tolly Group に依頼しました。 Reflection for IBM 2008 は、広範に及ぶユー ザーの生産性向上を特長とする、多機能端 末エミュレータの最新リリースです。 Tolly Group のエンジニアによって実施さ れたこのテストでは、Reflection for IBM 2008 の機能と Windows との統合性が、IBM Personal Commuications 5.9.1 (PCOM)、 Micro Focus RUMBA 7.5.2 (RUMBA)、Open Text HostExplorer 2008 (HostExplorer) などの メインフレーム端末エミュレータと比較し て評価されました。このテストは、2008 年 10 月および 11 月に実施されたものです。




Websense, Inc Document number: 208326JP
Web Security Gateway Guide to Selecting Secure Web Gateways (Japanese version)
Release date:  19 March 2009

Websense, Inc. commissioned The Tolly Group to evaluate its Web Security Gateway against other available gateway security products.

Tolly Group engineers evaluated the products under test based on a set of criteria identified by a leading industry analyst group as the most-advanced features that could help with comparative evaluation and selection of a security Web Gateway.

Tests were conducted in October 2008.





Blade Network Technologies, Inc. Document number: 208338JP
NEC Corporation 1G Intelligent L2・L3 Switch および 10G Intelligent L3 Switch 機能認定および協調相互運用性認定
Release date:  12 February 2009

The Tolly Group は、NEC Corporation と BLADE Network Technologies (BLADE) から、彼らの企業クラス LAN ス イッチの 3つについて、他のスイッチ ブラ ンドとの相互運用性を評価するよう依頼を 受けました。

The Tolly Group のエンジニアは、 NEC 1G Intelligent L2 Switch、NEC 1G Intelligent L3 Switch、NEC 10G Intelligent L3 Switch を、3Com、 Cisco Systems, Inc.、Enterasys Networks, Inc.、Force10 Networks, Inc.、 Hewlett-Packard Co、IBM Corporation、 Foundry Networks, Inc. のスイッチと12 を 超えるテストによって評価しました。




Nortel Document number: 208302JP
Nortel セキュア ネットワーク アクセスソリューション オープンで柔軟なネットワーク アクセス管理機能、 エンタープライズパフォーマンス、スケーラビリティおよび電力消費量の検証
Release date:  01 December 2008

N ortel は、管理対象および非管理対象の ユーザーとデバイスに対してネット ワーク アクセスを制御し自動化する Secure Network Access (SNA) ソリューション の評価を The Tolly Group に依頼しました。

Tolly Group の技術者は、Nortel Secure Network Access Switch (SNAS) 4050 および 4070という2 つのモデルについて、 主要ネッ トワーク アクセス管理機能を検証し、デバイ スのスケーラビリティ機能および電力消費量 を検証しました。

テストは 2008 年 8 月に行われました。





Symantec Corporation Document number: 208349JP
Symantec Endpoint Protection 11.0.3 Windows XP 上での Kaspersky、McAfee、 Trend Micro との性能比較
Release date:  30 November 2008

The Tolly Group は Symantec Corporation から、企業向けエン ドポイント セキュリティ製品が PC クライアントの反応性に与える影響を 評価するよう依頼を受けました。

The Tolly Group では、Windows XPクラ イアント用のSymantec Endpoint Protection 11.0.3(1つのエージェント で、アンチウィルス、アンチスパイウェ ア、ファイヤーウォール、ホスト侵入防 止の機能を持ち、デバイスとアプリケー ションを管理する機能を有するセキュリ ティソフト)と、Kaspersky Lab、McAfee., Inc、および Trend Micro, Inc. の セキュリティソフトを比較しました。




Rackable Systems Document number: 208297JP
Rackable Systems, Inc. C1001 Eco-Logical Server 電力消費および電力効率の競争力に関する調査
Release date:  24 September 2008

Rackable Systems, Inc. は、The Tolly Group に依頼し、同社の C1001 Eco- LogicalServer 電力効率を、の電力消費量および Dell、Hewlett-Packard Co.、IBM Corp. Sun Microsystems, Inc. の各社の、同様の構成で、低消費電力 Intel Xeon プロセッサを搭載した1U 価しラまッしクたマ。ウントサーバーと比較、評

The Tolly Group は、高精度の Chroma Model 66202 Power Meter アイドル時およびを使用して、High Performance Linpack Benchmark(HPL) ける、実行時にお 208V、60Hz 費量を検証しました。のサーバーの電力消 のサーバーの電力消 テストでは、コンポーネントレベルで、Rackable Systems C1001 サーバーの AC し電た源。装置についても電力効率を測定しま

テストは 2008 年 3 月に実施しました。

Download the free report




Nortel Document number: 208275JP
Nortel Cisco/HP ProCurve と比較した各種ネットワーク におけるパフォーマンス、障害回復力およびTCO
Release date:  08 July 2008

Nortel はここ2年間、The Tolly Group に 対して、データセンターからブランチ オフィスまで、企業ネットワークのあらゆる 面に関わる製品性能のベンチマークテストを 行い、その特長と機能を評価するよう依頼し てきました。

その目的は、Nortel の製品の性能を客観的に 測定し、Cisco Systems, Incおよび HP ProCurveの製品と比較して、障害回復 力と TCO を評価することでした。Tolly Groupのエンジニアは、データセンター、キャ ンパスLAN、広域ネットワーク、ブランチオ フィス、また、ビジネスアプリケーションの スピードアップのためのアプリケーション最 適化製品を調査しました。

本報告書は、2005年にまで遡るNortelを中 心とした報告書であり、Nortelが競合会社に 勝る製品を提供するため、これらの要因にど のように対処しているかに重点を置いてい ます。

Download the free report




Nortel Document number: 208298JP
Nortel コンバージド データネットワーク ソリューション コンバージド LAN、キャンパス、データセンターおよび WAN の電力消費量および予想コストの評価
Release date:  11 June 2008

N ortelは、Nortelのスイッチ、ルー ター、IP電話を幅広く使用する企業 ユーザーのために、重要配備エリア での電力消費量を知り、5年間での装置の運 用電力コストを予想するため、Tolly Groupにコンバージドネットワーク・インフ ラストラクチャの評価を依頼しました。

Tollyグループのエンジニアは、デバイスを稼 動させるために必要な電力、および熱放散に 関する電力消費量について、Nortel製品の電 力消費量を比較しました。その結果を Cisco System, Inc.の製品と比較しました。 中規模・大規模企業ネットワーク、中規模企 業、および企業のブランチオフィスで配備さ れるスイッチについて、スイッチの稼動およ び熱放散に必要な電力消費量(ワット)を測 定しました。また、両社について、IPフォン のエンドポイントもテストしました。

テストは2008年5月に行われました。

Download the free report




McAfee Document number: 208255JP
McAfee®, Inc. McAfee Total Protection Service
Release date:  30 March 2008

McAfee, Inc. は、The Tolly Groupに そのMcAfee Total Protection Service - Advancedの有効性を評価するよう 委託しました。それは、ウィルス、スパイ ウェア、ハッカーなどの脅威に対して保護 するための総合的なセキュリティを提供す るSecurity as a Service (SaaS)製品です。

Tolly Groupのエンジニアは、McAfeeサービ ス製品の詳細な実地評価を行ない、配備と サポートにオンサイトのリソースを必要と する従来のソフトウェア製品であ る、Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 11.0およびTrend Micro Client Server Messaging Security for SMB Ver 7.6と比較しました。エンジニア は、McAfee Total Protectionおよび他の2つ の製品の初期配備、総所有コスト (TCO)、管理、およびユーザビリティの 各要素を注意深く検査しました。テストは 2007年12月に行われました。




Attachmate Corp. Document number: 207234JP
Reflection for IBM 2007 Competitive Feature Evaluation versus IBM Personal Communications 5.9.1 and NetManage RUMBA 7.5.0
Release date:  02 October 2007

Attachmate Corporation commissioned The Tolly Group to evaluate the company’s terminal emulation software, Reflection for IBM 2007, to verify its productivity features along with the Microsoft Windows Vista® and Office integration.

Attachmate’s Reflection for IBM 2007 is the newest release of the company’s fully featured terminal emulation software featuring a broad array of user productivity enhancements.

Tolly Group engineers evaluated Reflection for IBM 2007 features and Windows integration against IBM Personal Communications 5.9.1 (PCOM) and NetManage RUMBA 7.5.0 (RUMBA) terminal emulation packages. Testing was conducted from June through August 2007.





Cloudmark, Inc. Document number: 206147JA
Cloudmark Authority™ for Service Providers Symantec Brightmail Anti-Spam Version 6.0とのスパム検出率の比較テスト- version in Japanese
Release date:  28 November 2006

Cloudmark社は、Cloudmark Authority for Service Providersの、スパムブロックおよび誤検出防止における精度を測定するよう The Tolly Groupに委託しました。

Tolly Groupのエンジニアは、Cloudmark Authorityの性能をSymantec Brightmail Anti-Spam Version 6.0 と比較してテストしました。エンジニアは、製品のスパムに対する有効性を相対的に計測するため、テスト機器によってブロックされたスパムの比率、誤検出の比率を測定しました。テストは2006年の7月から8月に行われました。





Raritan Inc. Document number: 206157JA
Raritan, Inc. Paragon® II Cat5 KVM スイッチ & 拡張 ユーザ ステーション ビデオ品質評価 Avocent AMX スイッチおよび拡張ユーザ ステーションとの比較
Release date:  29 October 2006

Raritan はThe Tolly Groupに、自社の企業用クラスParagon R II Cat5 KVM スイッチおよび拡張ユーザ ステーション アナログ キーボード/ビデオ/マウス(KVM) ソリューションと、Avocent の AMX ソリューションを比較したビデオ品質の評価を依頼しました。

テストには、様々なケーブル長を使用する条件下、および異なるディスプレイ解像度の場合の各ソリューションのビデオ帯域幅、色調、ジッタ、ひずみおよびゴースト/反射に関するビデオ品質の主観的な評価が含まれます。ビデオ専門家1名が、ブランド名を隠した状態で各種ブラインドテストを行い、これらのソリューションを評価しました。





Check Point Software Technologies Ltd. Document number: 205132JP
SSL VPN Gateways: Delivering Superior ROI with Integrated Security - JAPANESE VERSION
Release date:  12 October 2005

Check Point commissioned The Tolly Group to validate the security and functionality claims the company has made concerning the Connectra SSL/VPN appliance. In total, 13 tests were conducted in August 2005 at a Check Point lab in Tel Aviv, Israel, and validated on-site by Tolly Group personnel.

Check Point’s Connectra NGX was tested against three other SSL VPN products: F5 Networks, Inc.’s FirePass 1000, Cisco System Inc.’s VPN Concentrator 3005 and Juniper Networks, Inc. NetScreen-SA 1000. Tests show that Check Point’s Connectra NGX offers much greater depth of protection over SSL VPN links than any of the other three products. Connectra was the only product to pass all of the tests.

Tests results underscore a basic philosohical difference in the architectures of the tested products. Check Point integrates endpoint security with extensive gateway-based security facilities that focus on protecting the network transport, guard against application attacks and protect backend Web servers and applications from network-borne threats. Other products tested provide just basic SSL VPN connectivity.

Japanese translation of Tolly Group document 205132. If there are any issues between the two documents, the English language document takes precedent.




Check Point Software Technologies Ltd. Document number: 205101JP
White Paper: Improving Security ROI via an Integrated Application Security Solution - JAPANESE VERSION
Release date:  23 February 2005

Check Point Software Technologies, Inc. commissioned The Tolly Group to conduct a series of tests that demonstrate the effectiveness of the company's Application Intelligence within the Check Point VPN-1 NG Series firewall compared to other offerings and how they handle threatening security exploits. Check Point believes its Check Point VPN-1 NG Series firewall is the only perimeter security gateway to provide protection for the entire perimeter environment -- without requiring the purchase and deployment of a second standalone "intrusion protection" device.

Engineers tested the security attributes of Check Point VPN-1 NG firewall against a Cisco PIX 515E and a Juniper Networks NetScreen-204. The Check Point, Cisco and Juniper security solutions went through 17 rigorous tests that exposed them to a variety of common application-level exploits including SSL, SQL and HTTP-based vulnerabilities. Tests demonstrated that while Cisco’s and Juniper’s solutions are response-based, meaning that they rely on pre-defined signatures to defeat attacks, Check Point’s solution is proactive, protecting the network against attacks before they even occur.

Tests show that the Check Point VPN-1 NG Gateway offers greater depth of protection in comparison to Cisco and Juniper products tested, and also provides application-level security for a greater number of protocols including SQL, HTTP, HTTPS, SOCKS, IPSec, BGP, OSPF, and RIP. Moreover, the Check Point gateway offers integrated IPS, firewall and VPN capabilities in a single device, unlike the rival products that steer users to a companion security device. Finally, the Check Point VPN-1 NG Gateway offers a significant total cost-of-ownership advantage.

Please note that this version does not include the appendix. Please see the English version, Document 205101, for that information..




Nokia Document number: 204150JP
Nokia Enterprise Solutions Nokia IP2250 Competitive Performance Evaluation versus Juniper Networks NetScreen-5400 - JAPANESE VERSION
Release date:  04 December 2004

Nokia Enterprise Solutions commissioned The Tolly Group to evaluate its Nokia IP2250 Security Platform, a diskless network processor-based platform that runs the Check Point VPN-1 NG with Application Intelligence firewall. The Nokia IP2250 was tested against a Juniper Networks NetScreen-5400.

Both devices were tested in a number of areas, including firewall throughput using various packet sizes ranging from the taxing 64-byte packets to 1,518-byte packets; VPN throughput, as well as per-second connection and session rates.

Test results show that the Nokia IP2250 outperformed the NetScreen-5400 in every test, offering up to twice the firewall throughput, more than three times the mixed traffic throughput and nearly five times the session rate of the NetScreen-5400. Tests were conducted from August to October 2004.

Click the link below.




Aventail Corp. Document number: 204133JP
Aventail Competitive SSL VPN Feature Analysis Versus F5 Networks FirePass 1000 and Juniper Networks NetScreen-SA EA150 - JAPANESE VERSION
Release date:  25 June 2004

Aventail Corp. commissioned The Tolly Group to evaluate its Aventail® EX-1500, an SSL VPN appliance that provides users with clientless access from any PC with Internet access to the network applications and resources they need to be productive. The Tolly Group examined the feature/functionality of the EX-1500 versus F5 Networks FirePass 1000 and Juniper Networks NetScreen EA-150, both SSL VPN appliances.

Tolly Group engineers compared the feature/functionality of the three SSL VPN products in three categories: Access control policy, end-point security and system security. All three products were subjected to a battery of feature validation tests as defined under The Tolly Group’s Tolly Verified certification program. Engineers examined the products during May and June 2004.

Tolly Group engineers found that the Aventail EX-1500 offers the most robust set of features/functions of the three products. On the access control side, the EX-1500 supported all nine of the features engineers examined, and even when other vendors matched the feature availability, the EX-1500 offered more robust functionality that makes management simpler

Japanese translation of Tolly Group document 204133. If there are any issues between the two documents, the English language document takes precedent.