McAfee および Symantec と比較した Trend Micro Deep Security 7.5 の評価 VMware ESX 仮想環境におけるアンチウィルス パフォーマンス

McAfee および Symantec と比較した Trend Micro Deep Security 7.5 の評価 VMware ESX 仮想環境におけるアンチウィルス パフォーマンス

Sponsor: Trend Micro, Inc

All Reports Sponsored by this Vendor

Document Number: 211101JP

Publication Date: 2/9/2011

Page Count: 9

Abstract

設備投資や運用コストの削減を目指す IT 戦略において、サー バおよびデスクトップの仮想化は不可欠です。しかし仮想化 技術が急速に普及する一方、物理サーバやデスクトップ シス テム向けのアンチウィルス ソリューションをそのまま仮想 環境で使用する組織も少なくありません。これら従来のアン チウィルス ソリューションは必ずしも仮想環境が考慮されて いないため、アンチウィルス(以下 AV)ストームやリソース の浪費、管理オーバーヘッドの増加など運用効率に大きな影 響を及ぼしたり、仮想マシン(以下 VM)密度を最大限に高め ようとする組織の目標を妨げる要因となります。

Tolly は、Trend Micro 社より同社の Trend Micro Deep Security ソ リューションと McAfee 社の Total Protection for Endpoint および Symantec 社の Endpoint Protection 11.0 を比較するパフォーマンス 評価を委託されました。本テストでは、特に Vmware ESX 4.1 環 境で一度に稼動するゲスト マシンが最大 100 台まで増えた場 合、各ソリューションがホスト システム(物理サーバ)のリ ソースにどのような影響を与えるかを評価するものです

Login Sign-up
An unhandled error has occurred. Reload 🗙